注目のポータブルバッテリーefdelta(イーエフデルタ)をライターの渡辺圭史氏が紹介します。efdelta(イーエフデルタ)は容量が大きく、最大出力が大きい、充電時間が短いといった特色を持って … ただ、ポータブル電源の定格容量が発電機と比較して小さいことから、キャンピングカー(バンコン)の消費電力の一部を補うことが主目的になり、車載のサブバッテリー残容量の減少スピードを緩やかにすることが限界だと考えてます。 安定化電源の電圧、電流を最大にして、DC充電端子に接続、 電圧が27.8v、3V強低下、291wで充電します、 その時のサブバッテリーの電流は30A流れます、 電圧を20Vにすると165w充電、 サブバッテリーの電流は18.9Aです さらに電圧を下げ12.7vにすると103w キャンプや車中泊に持ち出せばとても便利ですが、車内での充電スピードが遅いのがネックではありませんか?しかし、お車にサブバッテリーシステムが搭載されていれば、車内でも100vでの充電ができるので、ポータブル電源の急速充電が可能になります。車に戻りさえすれば、すぐに急速充電ができる安心を手に入れてください。 セルスター(CELLSTAR) Amazonで探す. 知人の話だと、1年でサブバッテリーも3割くらいダウンするという話もあるとの由。 冬の間は容量の半分位しか使用出来ない くらいと思っていた方が良いと。 前回の記事でサブバッテリーについて書かせていただきました。そこで今回はキャンピングカーのサブバッテリーとしてポータブル電源も使えるのではと思い考察していきます。前回の記事はこちら 目次1 ポータブル電 今どきは車で使える12v仕様のドライヤーや冷蔵庫など、便利グッズが多数あるが、アウトドアや車中泊では電源(バッテリー)不足が起こりがち。予算があるなら、市販のサブバッテリーを買えば安心だが、予算がない人は、廃バッテリーを再利用する手もありそう。 Copyright © 2019 popo工房 All Rights Reserved. サブバッテリーを装備していなくても、ポータブル電源があれば電力を気にせず、快適な車中泊の旅を続けることができます。 最近は大容量・高出力のポータブル電源も増え、モノによればドライヤーまで気軽に使えるくらい! 車バッテリー12v×ケーブル容量60a 理論値750w発電 dc電源の場合配線ロスが大きいのと、バッテリー性能が左右されなすので計算値とはかけ離れます: サブバッテリー+純正バッテリー+オルタネーターの … efdeltaからサブバッテリーへの充電も試してみた. ただ、ポータブル電源の定格容量が発電機と比較して小さいことから、キャンピングカー(バンコン)の消費電力の一部を補うことが主目的になり、車載のサブバッテリー残容量の減少スピードを緩やかにすることが限界だと考えてます。 efdeltaのポータブル電源。サブバッテリーに最適ですけど。寒冷地には、少し不安。 電気自動車に乗っていたので、冬になると急速充電では充電の入りが悪くなります。 このポータブル電源も同じかと思いきや、3℃程度の気温で低温ってことで充電しません。 車中泊快適化アイディア テーブル自作 3279 views. (容量3600Wh・出力2000W)¥448,000, 「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS1200」の詳しい情報はこちら, 「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS2400」の詳しい情報はこちら, 「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS3600」の詳しい情報はこちら. 「2台連結して使うと、大容量のポータブル電源になるので便利!」 快適性の向上だけでなく、キャンピングカーのサブバッテリーの負担低減を目的に購入したイーエフデルタでしたが、その目的は、ほぼ達成できていると痛感しているところです。 アウトドアでも電気を供給できる「ポータブル電源」。モバイルバッテリーよりも大量の電力を使用できるため、キャンプで便利なほか、災害時など電気の確保が困難な状況でも活躍します。今回は、ポータブル電源の選び方と、おすすめのモデルをご紹介します。 「suaoki のポータブルバッテリーで快適な車中泊。ポータブル電源」はめぢのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! サブバッテリーを装備していなくても、ポータブル電源があれば電力を気にせず、快適な車中泊の旅を続けることができます。 最近は大容量・高出力のポータブル電源も増え、モノによればドライヤーまで気軽に使えるくらい! サブバッテリーという電気製品を使うた為のバッテリーを別に用意して インバーターでac100vに変換し電気製品を使います。 サブバッテリーは電気製品を使う為の電気を蓄える電池と言えます。 世界ブランドポータブル電源 家庭用蓄電池 /★ 372wh容量 /★ ac300w / ups(無停電装置) usb出力 ワイヤレス充電 急速充電 qc3.0 スマホ操作 純正弦波 ポータブルバッテリーソーラー充電 非常用電源 ソーラー 小型発電機: 価格 40,590円(税込) サブバッテリー化するか、悩みに悩んだ結果、家のスタイルなら、取り敢えず大容量ポータブル電源を選択。 最大出力1600w これなら、大抵の家電は、行ける ちょっとドライヤー使って見ましたが、余裕。 照明、ポータブルdvd位なら、本当に余裕。 ポータブル電源のメリットは何といっても … ポータブル電源で十分に車中泊が楽しめているので。サブバッテリーを一式揃えるとかなりの重さになりますよ。ずっと車に取り付けたままにしておけば大丈夫。 女性の方でドライヤー使いたいとかがあれば必要性がぐっと高くなります。 アウトドアでも電気を供給できる「ポータブル電源」。モバイルバッテリーよりも大量の電力を使用できるため、キャンプで便利なほか、災害時など電気の確保が困難な状況でも活躍します。今回は、ポータブル電源の選び方と、おすすめのモデルをご紹介します。 ポータブル電源を選ぶ際にまず知っておきたいのは、バッテリーの容量(ワット時)。例えば容量が600ワット時の電源の場合、消費電力60ワットの機器を10時間使用できるということだ。さらにacコンセントから出力できる電力(ワット)も重要。 自作ポータブル電源の作り方、組み合わせ方などを詳しく説明、記録している記事です。容量や使用できる電化製品とともに検討しています。そもそもの機器類や容量などの選び方などもまとめていますので、ぜひ参考にしてくれるとうれしいです!こちらは第1弾記事になります。 軽自動車用サブバッテリー、自作ポータブル電源搭載例: この自作ポータブル電源”電気鞄”は、軽自動車(スバルR2)に搭載しています。 この形状の電源を軽自動車に搭載する場合、多少設置場所に苦労します、転倒防止にゴムひも等での固定が 必要です。 サブバッテリーはキャンピングカーに欠かせない装備の1つであり、特徴や使い方を知ることでキャンピングカーライフを充実させることができます。この記事では、サブバッテリーの概要や長持ちさせるポイントなどについてご紹介します。 (容量2400Wh・出力2000W)¥326,000, オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS3600 efdeltaからサブバッテリーへの充電も試してみた. 次回作は、サブバッテリーを2つ使えるトリプルパワーのポータブル電源をお願い致します。3台でも10台でもいいです! (メーカー担当者「ムリ 今どきは車で使える12v仕様のドライヤーや冷蔵庫など、便利グッズが多数あるが、アウトドアや車中泊では電源(バッテリー)不足が起こりがち。予算があるなら、市販のサブバッテリーを買えば安心だが、予算がない人は、廃バッテリーを再利用する手もありそう。 213Whのバッテリーを搭載する小型軽量設計のポータブル電源です。 アクティブ方式のセル・バランシングにより、バッテリー寿命の長期化を実現。 重量は約2.7kgで、女性でも持ち運びが楽々です。 楽天市場で探す. サブバッテリーは消耗品ですが交換時期を延ばしたい. 廃バッテリーを充電して、サブバッテリーとして使いたい。しかも充電は、シガーソケットでお手軽に。それならアウトドアに出かける途中、ドライブしながら充電できる。そんな好都合なことが可能なのか、実験してみた。 前回の記事でサブバッテリーについて書かせていただきました。そこで今回はキャンピングカーのサブバッテリーとしてポータブル電源も使えるのではと思い考察していきます。前回の記事はこちら 目次1 ポータブル電 最近はポータブル電源も多く売られてはいますが、カーバッテリーで自作することも可能です。 車中泊の旅にも使用している走行充電可能な自作ポータブル電源をご紹介します。 (容量2760Wh・出力1200W)¥173,000, ポータブルエアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーターなどの消費電力の高い家電を連続利用したい方、連泊での車中泊が多い方などに特におすすめです。搭載するバッテリーの大きさによって、2種類のボックスサイズがあります。, オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS1200 上記は、車載のサブバッテリーからポータブル電源(efdelta)への充電について試した事を記事化していますが、車載のサブバッテリーとポータブル電源間では相互に充電しあえる状態がベターであろうと思います。 上記は、車載のサブバッテリーからポータブル電源(efdelta)への充電について試した事を記事化していますが、車載のサブバッテリーとポータブル電源間では相互に充電しあえる状態がベターであろうと思います。 新しいポータブル電源の最も気になる容量については、 現行の600whから1,500wh程度へ増量化 する可能性があるかもしれないのです。 更なる大容量化によってポータブル電源の選択肢が増えることはユーザーさんにとって大きなメリットではないでしょうか。 ポータブル電源は電源設備のないクルマだけではない。キチンとサブバッテリーが備わったキャンピングカーであっても、予備電源として使うのもアリなのだ。それこそ提案した扇風機や電気敷き毛布であれば、就寝時はベッド付近で使いたいもの。 廃バッテリーを充電して、サブバッテリーとして使いたい。しかも充電は、シガーソケットでお手軽に。それならアウトドアに出かける途中、ドライブしながら充電できる。そんな好都合なことが可能なのか、実験してみた。 セルスター 12Vサブ・バッテリー用充電器 IS-330. 軽自動車用サブバッテリー、自作ポータブル電源搭載例: この自作ポータブル電源”電気鞄”は、軽自動車(スバルR2)に搭載しています。 この形状の電源を軽自動車に搭載する場合、多少設置場所に苦労します、転倒防止にゴムひも等での固定が 必要です。 サブバッテリーは消耗品ですが交換時期を延ばしたい. ポータブル電源とバッテリーの設置方法について説明します。ポータブル電源の特徴としては設置不要で、持ち運びが可能であることです。それに対してサブバッテリーシステムはインバーターだったりバッテリーだったり車両に固定する必要があります。固定するにあたって、電装関係の知識が必要になってくるのでハードルが高いと思います。 (容量1200Wh・出力1200W)¥219,000, オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS2400 安定化電源の電圧、電流を最大にして、DC充電端子に接続、 電圧が27.8v、3V強低下、291wで充電します、 その時のサブバッテリーの電流は30A流れます、 電圧を20Vにすると165w充電、 サブバッテリーの電流は18.9Aです さらに電圧を下げ12.7vにすると103w 自作ポータブル電源の作り方、組み合わせ方などを詳しく説明、記録している記事です。容量や使用できる電化製品とともに検討しています。そもそもの機器類や容量などの選び方などもまとめていますので、ぜひ参考にしてくれるとうれしいです!こちらは第1弾記事になります。 Panasonic (パナソニック) … オールインワン・サブバッテリーシステムS1300(容量1380Wh・出力1200W)¥134,000, オールインワン・サブバッテリーシステムS2700 カーバッテリーポータブル電源の材料 簡易型アイソレーター. Yahooショッピングで探す. サブバッテリーシステムefdeltaのポータブル電源を使います。 走行充電が短時間で、できるかっていうのが一番の関心ごとで、DC入力電圧による充電速度が重要になります。 技術仕様によれば、ソーラ充電入力も車両からの充電も同じ入力端子です。 10〜65V DCで 10A 最大400wと記載されてま … サブバッテリーはキャンピングカーに欠かせない装備の1つであり、特徴や使い方を知ることでキャンピングカーライフを充実させることができます。この記事では、サブバッテリーの概要や長持ちさせるポイントなどについてご紹介します。 suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示 キャンプ 防災グッズ 停電時に 個人的にはsuaokiのモバイルバッテリーが車中泊に適してそうです。 キャンプや車中泊で活躍するポータブル電源。ポータブルバッテリーやポータブル蓄電池とも呼ばれ、防災用品としての需要も高まっています。しかし、AnkerやJackeryなどからいくつもの商品が販売されているうえ、電池容量や生産国の違いがあるため、どれを選べばよいのか迷ってしまいま … 「ガチ考察ポータブル電源一択の理由」について今日は記事にします。車中泊とかキャンピングカー作っている人で一番悩むと思うのが電源をどうやってとるかっていうのが課題だと思いますが、費用や利便性を考えたりすると、電源選びにはかなり悩むと思います。今日そんな悩みを解決するためにサブバッテリーシステムなのか、ポータブル電源なのか明確な理由を持って説明したいと思います。時間がない方はYou tubeの動画を聞き流してもらえればと思います。https://www.youtube.com/watch?v=3gBgeLefMLc&t=468s, 上の目次の通り記事を書いて行きますが、結論から言いますと車中泊やキャンピングカーを作る時の電源はポータブル電源が間違いないです。理由は最後まで読んで頂ければ納得すると思うので最後まで読んでいってください。, ポータブル電源は素人の方でも扱いやすい様に、U S Bのソケットやシガーソケット、A C電源が組み込まれていて、気軽に電気を持ち運べるのがポータブル電源です。ポータブル電源は素人の方でも扱いやすい様に、U S Bのソケットやシガーソケット、A C電源が組み込まれていて、気軽に電気を持ち運べるのがポータブル電源です。, それに対してサブバッテリーシステムはポータブルバッテリーが出る以前に車に車載されている12V電源の予備のバッテリーとして、サブバッテリーをつなげて車が走ってない時やエンジンがかかってない時に家電や様々なで電装品を動かすために作られたのが、サブバッテリーシステムシステムです。サブバッテリーシステムとはそれに対してサブバッテリーシステムはポータブルバッテリーが出る以前に車に車載されている12V電源の予備のバッテリーとして、サブバッテリーをつなげて車が走ってない時やエンジンがかかってない時に家電や様々なで電装品を動かすために作られたのが、サブバッテリーシステムシステムです。サブバッテリーシステムとはそれに対してサブバッテリーシステムはポータブルバッテリーが出る以前に車に車載されている12V電源の予備のバッテリーとして、サブバッテリーをつなげて車が走ってない時やエンジンがかかってない時に家電や様々なで電装品を動かすために作られたのが、サブバッテリーシステムシステムです。, サブバッテリーシステムとポータブル電源の比較これからポータブル電源とサブバッテリーを比較して行きますが、今回比較するのはS U A O K IのG500というバッテリーと Amazon で売っているサブバッテリーシステムキット比較していきたいと思います。, ■設置方法ポータブル電源とバッテリーの設置方法について説明します。ポータブル電源の特徴としては設置不要で、持ち運びが可能であることです。それに対してサブバッテリーシステムはインバーターだったりバッテリーだったり車両に固定する必要があります。固定するにあたって、電装関係の知識が必要になってくるのでハードルが高いと思います。■費用費用に関しては G 500が7万円前後で購入できるのに対し、サブバッテリーシステムは一般的なセットの価格で15万円くらいになります。■充電方法ポータブル電源、サブバッテリーの充電方法は走行充電や太陽光から発電するソーラーパネル、家に持ち込んで家の電源で充電する家庭のコンセントの充電方法があり充電方法に関して差はありません。意外と知られてないのがサブバッテリーのバッテリー本体を家に持ち込めば家庭用のコンセントでもインバータを使えば充電ができるとういうことです。■出力出力に関してはG500は最大出力は600 W くらいでサブバッテリーシステムが1500 W くらいの出力があります。価格価格は15万円ぐらいになりますが大抵の家電が使えるような出力です。■重量重量について話します。ポータブル電源の重量は7キロぐらいですが、対してサブバッテリーシステムはバッテリー自体かなり重量があり、バッテリーの重さだけで大体25キロあります。先ほど言った様に充電する時にバッテリー本体をも持ち運ぶのに男性の方じゃないと持ち運ぶのには厳しいと思います。, サブバッテリーとポータブル電源の概要を紹介しましたが、次に車中泊している時に実際にどの様な電装品を使っているか考えてみましょう。車中泊ではスマホの充電や天井に取り付けられている LED 照明、夏場は扇風機、冬場は電気毛布、自作キャンピングカーには水道を作りましたのでウォーターポンプでも電源が必要です。私は使ってないものの、電子レンジやセラミックヒータをつけている人もいるかと思います。では下の図で比較ポータブル電源かサブバッテリーを使った場合に、それぞれの電装品がちゃんと使えるのか説明していきます。ポータブル電源もサブバッテリーもスマホやLED換気扇、ウォーターポンプなどは問題なく動きます。しかしながらポータブル電源の場合扇風機や電気毛布をつけると連続使用で最長8時間ぐらいしか動きません。旅行が1泊ぐらいであれば問題ないですが、長期の旅行などには不向きだとことがわかります。これに対してサブバッテリーシステムはLEDや換気扇、ウォーターポンプはもちろん全て問題なく作動し、扇風機や電気毛布も単純計算で50時間くらい連続で使うことが可能です。それにクーラーやレンジなどを使った場合でも5万円クラスのポータブル電源では動きませんがサブバッテリーシステムでは問題なく動きます。これを読むと圧倒的にサブバッテリーシステムが優勢だと思いすが、ポータブル電源を強くおすすめする理由をこれから書いていきます。, 今まで5万円クラスのポータブル電源と15万円クラスサブバッテリーシステムの比較ををしてきましたが、もしポータブル電源を15万円前後の価格設定にした時、利便性はどうなるか比べて行きましょう。今回比較していくのSUAOKIのG 1200というモデルのポータブル電源です。設置方法や充電方法の変化点は変わりませんが、変化があるのが重量と最大出力になります。重量は7万円クラスと比較し重くなるものの、サブバッテリーと比べレバ依然重さはサブバッテリーの半分になります。最大出力に関しては1000Wまで使えるので、クーラなどは厳しいものの電子レンジなどは使えるようになります。同価格帯のポータブル電源を購入することでサブバッテリーシステムと同等の性能にすることができます。, ■ポータブル電源を強くおすすめする理由サブバッテリーを設置するにはもちろん電装品の知識が必要になってきます。まずはサブバッテリーシステムが構成している部品と役割を覚えて、その次は実際に配線をしていきます。独学で勉強しても構いませんが、それ以上に怖いものはありません。知識がないまま組み上げて、パーツが燃えたり配線が燃えたりよく聞く話なので初心者の方にはハードルが高く、難易度が高いです。それに比べポータブル電源は既にA CコネクタやU S B、シガーソケットが最初から組み付けられており、知識がなくても安心して使えるようになります。出力の幅が広がると今後キャンピングカーを作るのにも様々な電装品が使える様になります。その他にも震災などがあった場合避難所に持ち運んだりすることもできるので、車内に固定されているサブバッテリーシステムでは不可能な電力の共有も可能です。同価格帯のポータブル電源とサブバッテリーを比較すれば性能的に大差はありませんが、ポータブル電源の最大の魅力である持ち運べることを考えればポータブル電源の圧勝です。VANWEEKENDのテーマとしても“全員がキャンピングカーを作れる”というコンセプトなので、キャンピングカー作りのハードルを下げる意味でもポータブル電源が絶対におすすめです。今回比較にできてたポータブル電源はYouTubeの概要欄に貼っておきます。https://www.youtube.com/watch?v=3gBgeLefMLc, 整備のプロがDIYでボロボロだったバンを8万で買い、DIYでキャンピングカーに改造してます。 思うことが多くなりました。 具体的には、 今回、lifepo4を用いて、ポータブル電源を自作しましたので、 数回に分けて、書いていきたいと思います。 サブバッテリーが欲しい! フリードで車中泊をするようになり、サブバッテリーがあれば便利だろうなーと. suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh 三つの充電方法 AC & DC & USBなど5WAY出力 正弦波 家庭用蓄電池 LCD大画面表示 キャンプ 防災グッズ 停電時に 個人的にはsuaokiのモバイルバッテリーが車中泊に適してそうです。 時代はモバイルバッテリーから、ポータブル電源へ!大容量でテレビやホットカーペットまで使えるポータブルバッテリーを紹介します。絶対に失敗したくない高い買い物なので、信頼のおけるブランドを厳選。定番のANKER(アンカー)やcheero(チーロ)の新アイテムも必見です。 DIYのやり方やキャンピングカーを作っていく上で必要な知識を配信しています。, https://www.youtube.com/watch?v=3gBgeLefMLc&t=468s. ML9Cは2kgを切る軽量化されたリチウムインバッテリー。リチウムイオンバッテリーは約2,000回の充電サイクルが可能と言われているため、寿命の長さは折り紙付きです。 サブバッテリーにおすすめの鉛バッテリー人気3選 Panasonic (パナソニック) カオス N-60B19L/C7. リチウムイオンを使ったポータブル電源の表示にもAhが使われてます ... 車中泊快適化アイディア サブバッテリーシステム3号機配線図 6641 views. 世界ブランドポータブル電源 家庭用蓄電池 /★ 372wh容量 /★ ac300w / ups(無停電装置) usb出力 ワイヤレス充電 急速充電 qc3.0 スマホ操作 純正弦波 ポータブルバッテリーソーラー充電 非常用電源 ソーラー 小型発電機: 価格 40,590円(税込) ご利用の Internet Explorer は古いブラウザで Microsoft社も利用は危険であると発信しています。このウェブサイトも Internet Explorer での表示は保証しておりません。, 最新のモダンブラウザ(Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど)をお使いください。, 愛車にサブバテリーシステムを搭載したいと思いませんか?サブバッテリーシステムがあれば、車内で電気毛布やドライヤーなどの100V家電が自由に使えます。また、災害時の非常電源としての役割も期待できます。, しかし、本格的なシステムを搭載するには、専門ショップに車を預ける必要がありますし、制作工賃も高額になることがほとんどです。, そこで、キャンピングカーに搭載されているサブバッテリーシステムに勝るとも劣らない本格的なサブバッテリーシステムを、頑丈なRVボックスで制作し、宅配便でお届けできるしくみを作りました。, 災害の停電時のスマホやタブレットの電源として、また、自宅の照明や冷蔵庫の電源として、ガレージの車内から電気をご利用いただくケースもあります。, 停電が長期化する場合も、走行充電&ソーラーパネルとの組み合わせで、長期的に安定した電力確保が可能です。, 洗車時に掃除機やカーポリッシャーを使いたいけど、電源がないことであきらめている方は多いかと思います。サブバテリーシステムが搭載されていれば、電源の場所にとらわれることなくいつでもどこでも好きな場所で掃除ができます。, エンジンを停止した状態でも100Vの電源が使えますので、照明や電気毛布など、車中泊に便利な家電製品を長時間ご利用いただけます。ドライヤーや電気ポットなど、大電力が必要な家電も使えますので、大変便利です。, 騒音や排気ガスの問題で発電機が使えない場所でも、車載したサブバッテリーシステムから、延長コードリールを使ってご利用いただけます。車を近くに駐車できるなら、事前準備も不要で大電力が使えて大変便利です。, 野球やサッカーなど、グランド・空き地に電源がないために夜間の練習を断念している方はたくさんおられるのではないでしょうか。そんなときも、車にサブバッテリーシステムが搭載されていれば、延長コードリールなどを使って、夜間の練習場所の電源供給ができるようになります。, 今流行の大容量ポータブル電源。キャンプや車中泊に持ち出せばとても便利ですが、車内での充電スピードが遅いのがネックではありませんか?しかし、お車にサブバッテリーシステムが搭載されていれば、車内でも100Vでの充電ができるので、ポータブル電源の急速充電が可能になります。車に戻りさえすれば、すぐに急速充電ができる安心を手に入れてください。, 繰り返し充放電に強いディープサイクルバッテリーを使った、最も一般的なサブバッテリーシステムです。搭載するバッテリーの大きさによって、2種類のボックスサイズがあります。, 容量1380Whのディープサイクルバッテリーを搭載した、コストパフォーマンスに優れた本格サブバッテリーシステムです。1200Wまでの家電製品が安心して使えます。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。設置は、お車のバッテリーからプラスとマイナスのバッ直配線とヒューズボックスからアクセサリー電源の合計3本をつないでいただくだけでOK。, 容量2760Whのディープサイクルバッテリーを搭載した、市販品にはない超大容量のサブバッテリーシステムです。1200Wまでの家電製品が安心して使えます。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスのバッ直配線とヒューズボックスからアクセサリー電源の3本をつないでいただくだけで、一般的なキャンピングカーに匹敵する大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。, 大電力の充放電に強いリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使った、サブバッテリーシステムです。ソーラー+走行充電の同時充電(最大50A・600W)が可能です。ポータブルエアコンや電子レンジ、IHクッキングヒーターなどの消費電力の高い家電を連続利用したい方、連泊での車中泊が多い方などに特におすすめです。搭載するバッテリーの大きさによって、2種類のボックスサイズがあります。, 容量1200Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、サブバッテリーシステムです。1200Wまでの家電製品が安心して使えます。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、キャンピングカーに匹敵する大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます。, →「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS1200」の詳しい情報はこちら, 容量2400Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、市販品にはない超大容量のサブバッテリーシステムです。2000Wまでの家電製品が安心して使えます。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーに匹敵する大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます, →「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS2400」の詳しい情報はこちら, 容量3600Whのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載した、POPO工房最強の超大容量サブバッテリーシステムです。2000Wまでの家電製品が安心して使えます。ソーラーパネル・100Vコンセント・走行充電の3つの充電方法に対応。お車のバッテリーからプラスとマイナスの配線をつないでいただくだけで、最新のキャンピングカーに匹敵する大容量サブバッテリーシステムを簡単に車載することができます, →「オールインワン・リチウムサブバッテリーシステムRS3600」の詳しい情報はこちら, ★使い方にあわせたパーツ構成でお見積りをいたします。詳しくはこちらの、お問い合わせページよりお気軽にご相談ください。, DIYで制作したものですので、神経質な方 またはメーカー品や新品のような保証を希望される方には向いていません。, 使用パーツのリニューアル・バージョンアップなどにより紹介写真と一部異なる場合があります。, こんにちは POPO工房の宮本です。 リチウムイオンバッテリーと ディープサイクルバッテリーの違いって何??? と思っている方って きっと少なくないと思うのですが、あなたはどうでしょうか? 今日はうちのサブバッテリーシス […], こんにちは POPO工房の宮本です。 今日は、以前RS2400サブバッテリーシステムを購入いただいた お客さまからの設置写真のご紹介です。 実はこの方、 工務店を経営されている社長さまでして、 本業のノウハウを使ってなん […], こんにちは POPO工房の宮本です。 昨年にTwitterでちょっとだけご紹介した サンカフェ軽井沢さんの手作りキッチンカーですが、、、 ついに完成されたとのことで、 今日はその全貌をご紹介したいと思います。 このキッチ […], こんにちは POPO工房の宮本です。 さて、今年第一弾の新作は あの超大容量ポータブル電源BLUETTI AC200をなんと1.8回も 充電できてしまう超大容量のサブバッテリーシステムです\(^o^)/ BLUETTI […], 新年あけましておめでとうございます。 昨年はコロナにはじまり、 コロナに終わる、、、 といった大変な社会情勢でしたが、 それでもインターネットを介して 日本中からたくさんの愉快な方々に お会いすることができました。 イン […], 1、助手席側のスライドドアを開けて、ステップカバーを取り外します。 ステップカバーははめ込んであるだけなので、上に引っ張り上げると簡単に取り外すことができます。※ステップカバーを外す前に、ジャッキ収納庫のフタと、その横の […], こんにちは POPO工房の宮本です。   2020年も残すところあと数日となりましたね。 いやいや、今年は本当に早かったです。 って、毎年そう言っているのですがね。。。。   さて、 当工房のサブバッ […], こんにちは POPO工房の宮本です。 長らく当工房の定番アイテムとして そしてディープサイクルバッテリー搭載サブバッテリーシステムの王様として 君臨し続けてきたS1200Wですが、 このたびその容量をさらにアップして、 […], こんにちは POPO工房の宮本です。 先日こちらの記事でご紹介しました「ツインリチウムサブバッテリーシステム」RS1200Wですが、 この記事を見た方から、インバーターを2000Wに仕様変更できないか?と相談されました。 […]. BLUETTI2400wh大容量ポータブル電源が選ばれる理由は? ① 近年多発している災害、防災対策として ② 好きな場所に持ち運べて使えるのが便利 ③ 停電時のサブバッテリーに大活躍 ④ 日常DIYの電動作業に そんな時は、大容量ポータブル電源かサブバッテリーが便利です。 電源の確保が難しい場所でも、電気を使うことが出来ます。 大容量ポータブル電源. 「令和時代のキャンプに必携のギア」として、2019年から急激に盛り上がりを見せているポータブル電源。その名の通り持ち運びできる大型バッテリーのことで、屋外でも家電製品の充電や使用ができると人気だ。中でも異彩を放っているのが、日本発のブランド「ラチタ」。 知人の話だと、1年でサブバッテリーも3割くらいダウンするという話もあるとの由。 冬の間は容量の半分位しか使用出来ない くらいと思っていた方が良 … posted with カエレバ.

かに 食べ放題 ランチ 浜松, 犬 麻酔後 下痢, ヨドバシカメラ Iphone12 価格, インナーカラー 全体染め 時間, 駐車場 バー 当て逃げ, チワワ ブリーダー 有名, 鶏 ひき肉 冷凍 半年, 一人っ子 男の子 ブログ, 近江 八幡 休暇村 キャンプ, 保育園 朝のおやつ 何歳まで,